え、こんなものまで!?代理店のジャンルをご紹介

最も定番のジャンルとは・・・

自社以外の経営資源を利用することで、レバレッジ効果を狙えるのが代理店。魅力的な商材やサービスさえ用意出来れば、手持ち資金が少なくても短期間に業績を急拡大できます。そんな代理店のなかでも定番のジャンルは、金融・保険分野です。特に生命保険の代理店は至る所で目にすることができるでしょう。

ウェブサイトを利用したダイレクト契約がシェアを拡大しつつありますが、依然として保険代理店の需要は根強いのが実状です。

近年勢いがあるジャンルは何?

代理店のジャンルのなかでも、勢いを増しているのがIT・通信分野。特に通信サービス分野が強く、大手キャリアの代理店は都心や地方を問わず目にしない場所は無いと言えるほどです。今後ますます高速回線需要が増すことが確実視されているため、光回線代理店も人気です。

意外なものとして、スマホ修理代理店を挙げられます。開け閉めができるガラケーとは違い、スマホは落下によるダメージが大きいですよね。ですから、スマホのシェア急拡大に伴い、修理店需要も増しているというわけです。いずれにしても、このジャンルの需要は今後も伸び続けることは間違いありません。

意外なジャンルはたとえばどんなもの?

金融や保険、ITや通信ジャンルが代理店の定番ですが、その他にも数多いジャンルが存在しています。たとえば個別指導塾などの教育サービスの代理店も根強い人気を誇ります。インフラに関係するジャンルも近年は人気が高まっているんですよ。電気や都市ガスの自由化により、切り換え業務を請負う代理店が増えています。このように代理店は、ほとんどすべての分野において存在すると言っても過言ではありません。

代理店の募集を速やかに行う上で、仲介業者の実績や料金相場などを参考にすることで、将来的なリスクを避けることができます。