フランチャイズに加入して一国一城の主になろう!

フランチャイズってどういう制度?

フランチャイズとは、親会社であるフランチャイズ本部が開発した商品等のサービスや営業上の技術などを、フランチャイズに加盟した方々に提供し、販売等をさせ、その見返りとしてロイヤリティーとして一定の金額を貰い受ける事業契約のことを指します。

簡単に言いますと、親会社が提供するサービスやそのサービスをどうやれば売れるのかの方法を伝授するから、そのかわり一定の金額を毎年頂きます。

というのがフランチャイズ制度になります。

フランチャイズってどれくらい種類があるの?

一般的なフランチャイズ形態の業種を紹介します。

飲食業、細かく言うと喫茶店、レストラン、ラーメン店などが挙げられます。

小売業は、棚卸業者等から商品を仕入れ販売を行う業態です。

コンビニエンスストア、これは先に挙げたフランチャイズの例と一緒です。

サービス業のフランチャイズは、クリーニング・マッサージ・レンタル業がこれに該当します。

店舗を有さないフランチャイズ。家事代行、ベビーシッター、訪問介護、出張美容師などが該当します。

このように一口でフランチャイズと言っても、業態業種によりさまざまな形のフランチャイズがあるのです。

どのフランチャイズを選べばいいの?

先に紹介したようにフランチャイズにも色々な業種があります。

もし接客が得意だとするのなら、飲食業かコンビニエンスストア、サービス業などのフランチャイズがいいでしょう。

手に職がある方なら、店舗を有さないフランチャイズを選ぶこともできます。

このように、どのフランチャイズを選ぶのがいいのかの判断は、自分が何が得意であり、何が不得意なのかをしっかり把握してから選ぶことが重要だと言えるでしょう。

法人だけでなく個人でも行える代理店業務が多数あり、IT系やセールス、保険など業種や職種も多種多様です。