自作は楽しい!自分好みの電気製品が作れる!

ラジオを自分で作って利用

家庭内で情報を得るアイテムとしてラジオがあります。ラジオ単体のものもあれば、レコーダーが付いているものもあります。購入するだけでなく、自分で作ることもできます。中学などでは実習などで作ったことがあるかもしれません。一から部品を集めて作ることもできますし、自作用のキットを利用することもできます。まずキットを利用して部品の役割などを知り、その後に自分で部品を集めて思い通りに作ってみるとよいでしょう。インテリア風のものも作れます。

スピーカーを自作して楽しむ

ステレオセットの場合、スピーカーも分離されています。自由にいろいろなところに設置して音楽を楽しむことが出来ます。スピーカー自体は専門店があるくらい奥深いもので、高級品は数十万、それ以上することもあります。ただ、構造自体はそれほど複雑でないので、簡単に自作することが出来ます。簡単なものならガラクタを集めてきて作ることも可能です。木材であったり金属などを使うことで、雰囲気の異なる音が楽しめるスピーカーを作ることが出来ます。

太陽光発電を利用して家電を動かす

今ソーラーパネルといえば屋根の上に設置する大掛かりなものを思い出すでしょう。でも、電卓や時計などでも小さなソーラーパネルが付いているものがあります。これらからも電気を得ることが出来ます。ただ、あまり大きな電気は得られませんそこで自作で、もう少し電気のいるものが動かせるものを作ってみましょう。パネルは市販のものなどがあり、どれくらい発電できるかなどもわかります。スマートフォンの充電などに使うことが出来る場合もあります。

プリント基板設計においては、配線を直角に配置することはタブーとされています。何故なら、パターン幅が広がることでノイズが発生しやすくなるためです。