使わないと損!青色申告にはこんなメリットがある

青色申告って何だろう?

事業を経営するときに避けて通れないのが、会計決算と納税です。事業所得以外にも不動産所得や山林所得があれば対象となるので、経営者や地主であれば青色申告制度についてご存じの方も多いでしょう。青色申告とは所得税を納税するにあたって、一定の記帳ルールに沿った正しい申告をすれば有利な取り扱いを受けることができる制度です。経営者や地主など自分で所得税を納める方ならば、ぜひ利用したい制度とも言えます。では、青色申告とは一体どのようなものなのでしょうか。

決算はややこしい、でも青色申告なら楽々

所得税とは、一年間に生じた収入金額から必要経費を差し引きしたものに、一定の税率を掛けて計算します。正しく所得税を計算するためにはもちろん、日々の売上額や支払額を把握しておくことが必要であり、それら取引に関わる証拠書類を保存しておくことが必須となります。事業であれば通常、決算時には貸借対照表や損益計算書によって一年間のお金の流れを明確にしておくことが求められます。しかしながら青色申告事業者であれば、現金出納帳や売掛買掛帳のような帳簿を備え付けて簡易な記帳をしても足りるとされており、事務の軽減にもつながります。

こんなにある!青色申告のメリット

具体的な青色申告のメリットとしては、まず、最高65万円の青色申告特別控除を受けることができることです。この控除を受けるためには、複式簿記により貸借対照表と損益計算所を備えていることが求められます。次に、事業に専従している家内労働者へ支払う給与について、青色事業専従者給与として必要経費に算入できます。同じく貸倒引当金についても、必要経費に算入することができます。また、事業が赤字であり、損益計算を通算してもまだ赤字である場合には、その損失額を3年間繰り越すことができるのです。これらを踏まえると、事業所得者はぜひ利用したい青色申告制度、まだの方は一度税務署に相談してみてはいかがでしょうか。

青色申告の書類を提出するには、郵送やイータックスを利用する他、税務署に持って行くなどの方法があります。