より優秀な社会人になる!仕事で成長する為の心構えと行動

上の立場になるという意識

社会人になったら、当然最初は上司の下で働いて様々な知識を身につけていく訳ですが、そのまま定年まで働くということはまずありません。勤続年数を重ねると後輩ができて、自分が上司となって会社を動かさなければならないのです。近年は、適度に働いて昇進や昇給に興味を示さない方も多いですがそれでは最悪解雇という結末を迎える可能性があります。ひたむきに上の立場を目指して頑張ることで、あらゆる面を成長させることができます。

挑戦し続けるという姿勢

ある程度社会人経験を積むと、上司やお客様から色々な要望を頼まれる場面が多くなります。それらの要望は、簡単に解決できるものではなく多大な労力を注がないとできないかもしれません。上手くいけば利益をアップさせることができますし、作業が捗らず人件費がかかれば赤字になってしまうかもしれません。ただ、そこでリスクを回避して要望を断るよりも多少無理して挑戦したほうが必ず成長できます。目の前のことから逃げては駄目なのです。

常にポジティブな姿勢

常にポジティブであることは自分を助けますし、周囲からも信頼されるようになります。人間は誰でも失敗を重ねるもので、時には失敗が原因で会社を辞めたり精神的に病んでしまうこともあります。ただ、常にポジティブであれば失敗を踏み台として活用できますし、精神を病むことなく次の仕事に集中できます。ポジティブな気持ちを維持するのは簡単なことではありませんが、気持ちの切り替え方を確立すればそれほど難しくありません。

ワークフローとは仕事を行う手順や注意事項を分かりやすく文章や図でまとめた物を指します。主に、引き継ぎや内部監査の時等に使用されます。