利用することで業績拡大確実!?営業アウトソーシングサービスとは

営業アウトソーシングサービスって何?

営業アウトソーシングとは、営業代行業者がクライアントの求めに応じ、営業の一部もしくは全てを代わりに執り行うサービスのことです。長年の間、日本の会社においては例え一部でも営業を他に任せることは考えられない話だったのですが、経営の合理化が進むことで営業代行サービスも一般化するに至りました。近年は人手不足が深刻化していることもあり、その需要はますます高まっています。営業代行業者といっても、その内実は様々。テレアポ代行を専門にする業者もあれば、営業マンを派遣する業者もあります。営業をアウトソースする際は、その営業手法を得意とする業者を選びましょう。

たとえばどんな代行業者が存在するの?

営業アウトソーシングサービスを生業とする代行業者は、およそ4タイプに分類できます。営業支援タイプは、営業の一部分だけを代行することが特徴。このタイプに属する業者の代表がテレアポ代行会社です。成果報酬タイプは、契約獲得といった成果が出た場合にのみ対価が発生することが特徴です。クライアント側にとっては低リスクな点がメリットですが、扱うサービスや商品の質が悪いと依頼そのものを断られる場合があります。すでに訓練された営業マンを派遣するサービスを主力とするのが派遣タイプの代行会社。すでに営業ノウハウは持っているものの、人材が払底してしまっている会社に適します。最後がマネジメントタイプ。これは営業組織そのものを構築する手助けをすることが特徴で、営業に関するノウハウが全くない新興会社向けと言えるでしょう。

営業アウトソーシングのメリット

営業の一部もしくは全部を代行業者にアウトソースすることで得られるメリットのひとつが、コスト削減効果です。営業社員ひとりを通常の手段で手に入れるためには、求人雑誌などへの出向から始まり、企業説明や面接、その後の研修など多くの費用と必要とします。ですが、営業代行業者を利用することで、それらのコストをカットできるんですよ。忙しい時期にだけ営業をアウトソースすることで、閑散期に無駄な人員を抱え込むリスクから解放されます。まだ若い会社にとっては、営業ノウハウを手に入られるというメリットもあります。

営業マンを派遣するタイプの営業代行サービスは、すでに営業ノウハウを確立しているものの人手不足に悩む会社に適しています。